チーム食の輪

こだわりの百姓や八百屋、飲食店が
良質な食材をお届けします。

土を豊かにするということ。

肥沃という言葉があります。これは僕のイメージですが、肥料をたくさん投入して作るということではなく、枯れた植物を多様な微生物や小動物が分解して、その分解物を植物が吸収するといったモノの流れがある土壌、こんな感じです。
このような土壌で作物を育てると、元肥や追肥で植物の生育をコントロールする必要がなく(少なく)、僕は植物に任せたらいいと考えてます。土壌に十分量の養分があれば、植物が求めているときに必要量の養分を吸収するからです。言い換えると、土壌に米ぬかなどの有機物を供給するのは作物のためではあるんですけど、微生物や小動物を繁殖させるためであり、数が増えれば増えるほど、先ほど書いたモノの流れがスムーズに回りだします。物質循環、です。
それと土の中を様々な生き物が動いたり、植物の根が張って枯れると根穴ができます。動物や微生物の摂取や排泄などで土が団粒状になり、それが重なり合うことで細かな穴もできて、大小様々な空間ができあがります。つまり、空気や水の通路ができます。
肥沃な土とは、物質循環が成り立っていて、土の団粒構造が発達している土、といったイメージです。土が豊かになるとは、そういうことを意味していると僕は考えています。
実際、ハウス(雨除け)で栽培している僕のトマトは、1年目と比べて3年目を迎えた去年は格段に良好な生育でした。行っているのは、米ぬかなどを表土にまいて、高く育った野草を鎌で刈ってその場に積み重ねるだけ。土を耕さずに、有機物を表土に積み重ねるだけです。たったそれだけですので、作業がとてもシンプルです。露地栽培でも同じことだと思ってます。土が肥沃になってくると、野草の種類が変わってきます。1年目はイネ科の野草が多く生えていましたが、3年目は草丈の低い種類や匍匐(ほふく。地面を這っている)性の野草が大半を占めています。なので、土の肥沃度の指標になるでしょう。草刈りも簡単に済みます。これは想像ですが、あと数年したら草刈りはほとんど不要になるかもしれませんね。

農と食のコラム | - | -