チーム食の輪

こだわりの百姓や八百屋、飲食店が
良質な食材をお届けします。

酢の澱抑草、2014

今年、2畝ちょっとある田んぼで、酢の澱抑草を実験しています。
冬水田んぼで粗起こしのあと、手植えまでにレーキ除草を4,5回行いました。手植えの時期までに草が繁茂するのを防ぐためです(私はトラクターをもっておりませんので)。
手植えを7月上旬に終えて(本当は6月中に終えたかった)、1週間に1回のペースで9リットルを3回、柄杓で散布しました。およそ反当40リットル/回、合計120リットルになります。



右の画像は、左の画像の左端に写っている畦から撮影したものです。この田んぼはいつも水不足で、水がない状態がしょっちゅうあり、そのわりには野草があまり生えていないと捉えています。レーキ除草を多く行ったことも、その要因と思います。
予想以上に良好な結果ですが、酢の澱の散布量が1反あたり120リットルでは実用的ではありませんので、来年は水不足を改善し、散布量を少なくして実験する予定です。

除草剤を使わない米つくり | comments(0) | -

この記事に対するコメント

コメントする